恋心ミルフィーユ

ツイッターじゃ吐ききれない妄言をまとめていくよ

続・お洋服のお話だよ。

 ということで今日はお洋服のお話。以前もここに書いてはいたんだけど、またいろいろと思うことがあって。というか、昨日ふせったーに書いたことをブログにもまとめたくなっただけの回だよ!実質サボりです。

 

最近は休日の度にお洋服を買いに行くようにしてます。いままで服なんて滅多に買わなかったのに、すごい進歩だね。でもやっぱり見るのと買うのとじゃ結構違いがあるというか、可愛いから好きだけじゃ買えないのが悩みだなぁ。レディースで買い揃えるとは言ったものの、なかなかにハードル高いですわよ。

ちなみにお洋服、昔からメンズ衣装に全く興味がなくて、唯一着れるのがスーツとかワイシャツの類なんですよ。もともとスーツ萌えあるから細身の自分に似合うし、そういう点で良かったですね。でもこれは他の服に興味が無いというか、「自分じゃ着ないな」っていう感情が前に出てた結果なのかもなんだよね。他の人が着てる分には何とも思わないけど、自分がそれ着たいのかと言われたらNOであって。髪型も同じで短い髪の人に対して何も思わないけど、自分が切れるかといえば完全にNOみたいな感じ。

スーツ系が着れるのは多分アニメのおかげです。制服ファッションみたいなのが好きというか、アニメキャラの衣装マネがしやすくて実際マネしてたらそういうのばっか着るようになってきたんだよね。ワイシャツとネクタイそれっぽいの揃えれば制服コピーみたいになるからね、それだけで楽しい!

劇場版「ペルソナ3」より、クッションカバーの登場です!! | cafereo

まあその後P3の制服があまりにも好きで、リボンブームが来てめちゃくちゃリボンタイとかつけるようになったんだけどね。リボンはメンズレディース関係ないと思うしそういう点でも大好きだなぁ。ワイシャツ+リボンタイでマトイリの私服は大体構成されています。

 

で、最近はレディースを私なりの「かわいい」を追求しながら着るようにしてます。でもその結果、レディース衣装もメンズ衣装と同じで「自分じゃ着ないな」の感情が生まれちゃったんだよね。今までは漠然と「これかわいい!好き!」とか「こういうのいいなぁ」とかめっちゃ思ってたし憧れてたのに、いざ自分というアバターが明確に生まれると「好き嫌い」の概念に「似合う似合わない」が介在しちゃった。これ可愛いけど自分じゃ着ないなぁ。みたいな。メンズに関しては「自分じゃ着ない」に関して何も思わなかったけど、レディースにおける「自分じゃ着ない」は割と毎回ショックが大きいというか、似合わないことへの悲しみが強いですね。おのれ長身め…。

そのせいで、なんだか視野がボヤけてる感じ…。どうしたらいいんだろうね。まあ今まで性別という壁一枚挟んで見ていたものだったけど、その壁を壊した結果見えてきた世界だから別にいいんだけど、上手く調整していきたいなぁ。今の私はレディースにジョブチェンジした結果ファッションセンスレベル0でやり直し状態なわけだし。レベルアップしたい!そしてかわいいを自分の中に落とし込んでいきたい!

ちなみにマトイリ、ファッションレベルがゼロすぎて今日「え!?ガウチョパンツって自転車乗れるやん!神!」ってテンションマックスで言ってたよ。履いたときは「いやこれ別にスカートでええやん」とか言ってたのに、全力手のひら返し。(かわいい)