恋心ミルフィーユ

ツイッターじゃ吐ききれない妄言をまとめていくよ

男の娘って言葉を使ってもいいの?(マシュマロ返答回だよ④)

今日はマシュマロ返答回だよ!

本当はひぐらし業の感想書こうと思ったけど、面白いマロが届いたので急遽こちらを優先することにしました!やっぱりマロは鮮度が大事だからね。

例によって例の如くこちらの瑞希記事に関する質問…というか感想を頂いたので読んでない人がいたら先に読んでね。

そして先に言っておきますが、今回のマロに関して私自身ちゃんと答えられる自信はありません!言葉を選ぶつもりですが、伝わりにくかったり不快に思うこともあるかもしれませんが、あくまで私の意見ですのでそこんところよろしくです。

 

男の娘に憧れます

このような色々な意見が聞けてうれしいです!ありがとうございます。そして、多分ちょっと私の言葉が刺さりすぎちゃってる感じがするので、ごめんなさい。

先に言っておきますけど、私は男の娘は好きです。男の娘の全てを否定しているわけではないしむしろ肯定もしているので、マロ主さんが悩む必要はないと思います。そのことに関してはマロ返答③でも答えているのでよければ確認してください。

私も男の娘というジャンルは好きです。ですが、男の娘自体「可愛いけど実は"男の子"」というギャップが、そのキャラクターに他の美少女にはない特別感を与えています。私的にはこの「男の子である」ことが、男の娘の最大の魅力なんじゃないかなぁ…と考えています。

そのキャラクターを語るうえで「男の子である」ということが重要であり必要である、その「男の子」という事実がそのキャラクターに深みを持たせるからこそ男の娘は輝きます。つまり男の娘は自分の性を最大限に主張し、武器にしています。ちんちんがついた美少女が好きなだけならふたなりにでも行ってどうぞ。

そのため、瑞希が自分の性を主張していない、どちらかというと隠すようにしている辺りからも、男の娘と区分すること自体私はムリですね…。瑞希の魅力に「男の子だから」という理由は一切存在しないので。

瑞希の性って何なの?(マシュマロ返答回だよ③) - 恋心ミルフィーユ

私が瑞希を男の娘として括ってほしくないのは、ボクはボクでいたいだけなのにという瑞希の言葉を蔑ろにしてほしくないからなんですよね。瑞希瑞希であり、そんな瑞希の魅力に性別は一切関係ないから。

ですので瑞希を男の娘として扱うことが嫌なだけであって、男の娘全般がNGなんてことはありません。

 

そしてマロ主さんは自分自身の願望から男の娘キャラに自分を投影したくなるというのは、間違ってないと思うし、むしろ作品の楽しみ方として正しいと思います。それに私自身もあの記事とかめちゃくちゃ自分と瑞希を重ねてるからね。もう投影しまくり!

作品をどのように楽しむかは個人の自由です。そこに介入していい人なんていません。たとえ男の娘として扱おうが、それこそマロ主さんの言った「自分の欲求のために消費するだけ」であっても、私には否定する権利は一切ありません。ですので、瑞希を男の娘として括って楽しみたいならお好きにどうぞって感じです。

でもだからといってすべて自由ってわけにもいかなくて、やっぱり「発信」することに関しては誰が見ているかわからない以上気をつけなければいけないと思います。瑞希のことを一切考えずに「瑞希は男の娘だから好きw」みたいに発信することで傷つく人もいますし、なにより瑞希自身を傷つけてしまいます。

だからここら辺、どのように区切ればいいのかわからないけど、うーん…。んんて言ったらいいんだろうね。どう思うかは個人の勝手だしそこに介入することはできないけど、ちゃんと「配慮」はしてほしいです。配慮って言葉は嫌いなので使いたくないけど、あえて使わせてもらいます。ずっと言ってきているけど、そう扱うことで瑞希自身はどう思うのかな?っていうことを第一に考えてくれれば、私としては満足です。

 

トランスジェンダーをどのように扱ったらいいかに関しては、私もよくわかりません!ごめんね。ジェンダーで悩んでる人の悩みは人それぞれだし、トランスジェンダーだからこれはダメみたいなのも本当に人それぞれです。瑞希に関してもジェンダーがどうとかは一切語られていないので、私の記事で書いたのは完全に妄想だからね。私の言葉を鵜呑みにしすぎないでね。

ホントこればかりは難しい!とりあえず私の思ってることや悩みごとはめっちゃくちゃブログに書いてるので、読んでみるといいと思います。

と露骨な宣伝をしたところでそろそろ終わります。内容まとまってるかな?わからんね。私自身マロ主さんと同じように思ってる部分多いし、気負いすぎないでいきましょう。めちゃくちゃ赦します!そして私自身もめちゃくちゃ弱い人間なので、強くなりたい…!

 

 

追記

追加でマロをいただいたので追記を書かせていただきますけど、なるほど~~~~~~~~!!!!

これは完全に盲点でした。全く気付きませんでした!確かに「男の娘」と括るのも、「マイノリティ」という言葉で括るのは、同じ意味かもしれません。そう考えると確かにそうですね!このような意見を頂けてとてもありがたいですありがとうございます!

 

ということで、初手完全論破されたので、マロ主さんを一切論破する気のないただの完全主観で、この2つの言葉の違いを書いていきたいと思います。

私はマイノリティという言葉を「少数派」という広義的な意味で使っています。マイノリティは世の中に様々あるし、言ってしまえば人間だれしもマジョリティな面と、マイノリティな面もあります。性別や人種はもちろん、利き手や血液型、それこそ趣味や推しカプにだってマイノリティは存在しますから。

だからそういう意味でも、個人的には「マイノリティ」って言葉は広義すぎて、括っているとあまり思っていません。瑞希周りの人と違うということ(マイノリティ)に悩んでいることはユニストやイベストでも語られていますし、「マイノリティ」という言葉を使うことに関しては特に意識したことがありませんでした。

それに対して男の娘は、ジェンダーそのものを明確に指しています。瑞希がいちいち触れてほしくない部分について。

マロ主さんは「男の娘という言葉に対して男性性を主張する言葉であるという感覚はない(要約)」と仰っていましたが、『"男"の娘』と文字列の中に明確に性別を示す文字が入っている、そして「男の子」の同音異義語である以上、明確に性別を現わしてしまう言葉であることは事実だと私は考えています。やっぱり肉体的性別に依存した呼び方である以上、私としては慎重に扱っていただきたいです…。

私としては瑞希を区分したくないというよりも、瑞希の性について区分するのは野暮だと思っているのでそこの説明が完全に言葉不足でしたね。申し訳ありません。それに瑞希の性に関しては公式さんのものすごい配慮のおかげで直接的には描かれていないので、そういう点も含め性について触れる意味はないのかなと。

 

今回のマロに対してはあまり明確に答えられないというか、私自身まだ咀嚼しきれてないのでこのような曖昧な答えにもなってないような答えになってしまい申し訳ありません。

私自身あの文化祭を終えて瑞希の問題についてより明白になってからというものの、ジェンダーについて今更語る必要はないと思いあのブログを消そうか考えていたりします。未だに読んでくれる人が多い…つまり瑞希ジェンダーについて考えてる人が多くいる以上残す必要はあると思い残してはいますが、どうすればいいんでしょうね。本当は触れないのが一番だとはわかっているけど、それでは何も進展しないというのも事実だし…。

今回のマロのおかげで改めて言葉というものに関して深く考えることができました。瑞希のことを説明するために普通に「マイノリティ」という言葉を何も考えず使っていたことに対してかなり罪悪感が生まれたのは、得難い経験です。指摘されない限り自覚しなかったと思うので、改めてありがとうございました。今後は言葉の使い方をさらに考えていきたいと思います。