恋心ミルフィーユ

恋心ミルフィーユ

ツイッターじゃ吐ききれない妄言をまとめていくよ

オモテナシストがおもてなしユニゾンをキメるおもてなしタワーディフェンス『18TRIP』の話をしたい!

🤞 HAMA NICE TRIP! 🤞

HAMAへようこそ。今回このHAMA周遊"18TRIPはいいぞ"ツアーをナビゲートさせていただく、HAMAツアーズ主任の恋心ミルフィーユです。

みなさんはHAMAについて、そしてこの新しくリリースされたソシャゲ18TRIP(エイトリ)はご存知でしょうか?

今回のツアーでは18TRIPってなぁに?という説明から、1章を終えた感想をある程度ネタバレしながらも肝心なことは言わないようにしながらアテンドしていきたいと思います。始める始めないに関わらず、どのようなものか興味をもっていただけたら嬉しいです〜。

 

18TRIPってなんぞ?

ということで改めて18TRIPとはなんぞやという説明をしていきたいと思います。

18TRIP、それはおもてなしの物語。公式サイトの言葉を借りるなら『近未来の横浜「HAMA18区」を舞台に「旅」をテーマにした“おもてなしアドベンチャーです。

 

幼馴染の可不可に誘われ観光事業の会社に就職した主人公は、かつては観光の名所だったにも関わらず今ではおちこぼれてしまった観光都HAMAを建て直すことになる。

 

そこで個性豊かな観光区長たと出会いHAMAの復興を目指し、時にはぶつかり合い、時には協力し合い、時には支え合いながら

 

 

オモテナシストと共におもてなしバトルをしていきます!

…え?おもてなしバトル?はい

 

 

おもてなしユニゾンをキメて

 

(観光客)を殲滅(満足)させるあのおもてなしバトルです。

あ!ごめんなさい帰らないで!よくわからないよね?大丈夫、不安なのは最初だけだから。今日からあなたもオモテナシストになれるから。あとすっげートンチキな設定のおもてなしバトルはあるけどシナリオはまともだから。そこだけでも触れていって!

 

シナリオは全話無料開放

…という冗談は置いておいて、やはり語りたいのはシナリオの話。

18TRIPは最初からシナリオが全部無料開放しているため、特におもてなしバトルやレベリングをしなくてもシナリオが全部読むことができます。そしてこのシナリオが、まぁ~~~~~いいんだワ。

私自身ソシャゲをたくさん触れているというわけではないものの、あんスくんプロセカにドハマりしてた身。良質なシナリオがあればソシャゲ沼にすぐ落ちるという経験は幾度となくしてきましたが、今回も例外ではありません、そして、その2つとは違った楽しみも得られるためかなり新鮮に楽しめてます!

 

主人公は2人いるしボイス付き

ということでまずは主人公の話。18TRIPでは主人公がめっちゃ喋るタイプ!そしてなんといっても主人公を兄妹で切り替えられるという神仕様!私はぬーさん*1の優しい声が大好きなので妹ちゃんでプレイしていますが、お兄ちゃん目線でやるとまた違った楽しみもあるんだろうなぁ~と思ったり。

もうねこのゆうちゃん(私は糀ちゃんにゆうちゃんと名前を付けています)が本当に良い子なんよ、仕事に真摯で、思いやりに溢れていて、このゆうちゃんのおかげで物語の魅力が、そして区長の魅力がどんどん底上げされていきます。

 

私自身このように自我がしっかりあるタイプの主人公を触ることがあまりなかったため、というかキャラの群像劇が見たいから主人公はそこらへんの壁や花でいいと思っているタイプなんですが、18TRIPは主人公がいてこそ成り立つ物語。

自己を投影しやすいような無個性で無口な主人公ではないものの、だからこそ「優しいゆうちゃんだからこそみんなから好かれている愛されている」という説得力がすごくあります。プレイヤー=ゆうちゃんでなく、プレイヤーは壁や花として、ゆうちゃんが頑張る姿を陰ながら見て応援するゲームになってますね。

兄妹どちらでも大丈夫なように露骨に男女!恋模様!みたいになることもなく、性別関係なく愛し愛される優しい物語になっているので、第一印象で敬遠したような人にも触りやすいのかなぁ?

 

とはいえなんか湿度がぶっ壊れてる人も中にはいるんですが…

 

まずはチュートリアルだけでも

この18TRIP、良くも悪くもチュートリアルですべてがわかると思います。チュートリアルの主人公と可不可の物語、この時点で面白さを感じたなら今後のシナリオ全部楽しめると自信をもって言えます!

最初こそはよくわからないしだからつまらなく感じるかもしれない、でも可不可の想いに直に触れてどのように感じるかが一番重要なこと。逆に言えば、0章でピンとこなかったなら全然切ってもらっても構いません。なんとなく気になってはいるという人、とりあえずそこだけでも読んでみてほしいなぁ~?全8話、君の1時間を

 

僕にBETしてよ。

 

Sun will R1ze!

よし、それっぽい紹介は書けたのでここからはオタクの戯言全開で1章の感想を書いていきたいと思います。結論から言うとでぇ~~~~面白かった!!

リーダーであるレンガが自身と向き合いながら、強がっていた自分の殻を破り弱さを認めることで見える世界が広がっていき、成長していく。最初はなんやこいつと正直思っていたレンガだけど、終わるころには本当に愛おしく大好きになっていました。というか普通にシナリオで泣いちゃった。

愛を知ることで、自身が愛されていたということを理解し、そして愛を配る側に回る。1章はどこまでもレンガの物語であり、家族と愛の物語でした。話自体長くどこを切り取って話すか悩むため、R1zeメンバーそれぞれの感想を書きながらまとめていきたいと思います。(ネタバレ部分はぼかしながら)

 

西園練牙

いやぁ本当によかったよね。最初は誰にでもツンケンして不機嫌で頭が悪くて、顔以外マジで取り柄が無かったのに、その弱さを受け入れて素直にありがとうと言えるように他人を頼れるようになってからは本当に可愛い萌え萌えになりました。

ありがとうが言えて褒められるって何?赤ちゃん?はい…。レンガは赤ちゃんなので…。

自身がきちんと「西園連牙」でいなければならない。その名を背負っている以上は恥をかくわけにはいかない。その想いを抱えながらも、結果的には強がることしかできなくて。そうやって気丈に振舞うことで自身の弱さを隠そうとしている姿は読んでいるときはめんどくせぇ~と思っていただけに、後半になって自身の弱さと脆さを表に出し始めてからは本当に愛おしく感じました。大逆転勝利よ。強すぎんよ。メインヒロインなんよ本当に。

 

おばあ様に、お父様に、そしてゆうちゃんに、色々な愛に触れて支え合っていくことで今後も成長していくんだろうなぁ。今までは愛を受け取る側だったけど、今後は区長として、そしてリーダーとして愛を与える側になっていけたらいいね。

レンガってずっとワンちゃんぽいな~って思っていたら、シナリオ内でもそう言われてて笑っちゃった。というか朝班ってみんなワンちゃんみたいだよね。

レンガは最初はキャンキャン吠えるチワワって印象だったけど、今では短い脚でよちよち歩くダックスフントって感じ。愛らしいね。1歩1歩の歩幅は小さいかもしれないけど、それでも1歩1歩前に進んでいくんだろうなぁ…。

 

18TRIPの好きなところ、カセットテープ!

このシステムがまーじで好き。ありふれた言葉を使うならエモい。自身の本音をカセットテープに流して伝える、直接は言えないようなこともカセットになら吹き込めるっていうこの感じ、もうラブレターやん!キャラの本音を伝える舞台装置として、そして物語をオシャレに彩るレトロポップなデザインとして、あまりにも優秀すぎるって…。

え~みんな今後もカセットテープに普段は言えないような本音を残してくれるのかな?ヤバすぎない?リーダーの仕事にはなっているけど全員に支給してほしい。

 

レンガって抱えてるものが多くて、まさか匂わせていたものが1章内で言及されるとは思っていなかったね。ネタバレになるから抱えている問題については触れないけど、それ1年後の新章とかでやることだしリリースしたてで言うことじゃなくね!?

そのせいでかなり自己犠牲というかめちゃくちゃ危うい部分は今も残ってはいるんだけど、今後それがカギになってくるのかなぁ~?1章が終わった今シナリオでレンガに会う機会は減っていくとは思うんだけど、注意してみていきたいな。この赤ちゃん、目を離すとすぐどこかに行っちゃいそうだから…。

 

名雪

はい、あなたに関してはもうね、色々言いたいよ私は。なんなん?お前

なんなん!?

こういう言い方していいのかわからないけど、バックボーンを知らないだけにただただ強烈な湿度と激重感情をぶつけられ続けるの、正直だるい。ごめんね雪風が好きな方々、私はこの人をうわぁ…と思っています。

犬に例えるならくそでかいゴールデンレトリバーです。めちゃくちゃ人懐っこくてとびかかってきます。毛がさらさらでお顔も可愛いけど、全体重乗せてのっかかってくるからめちゃくちゃ重い!

 

IMG_0729.png

1章は特に家族愛がテーマとしてあっただけに、雪風はその中でも愛と言うよりは「反抗」に重きを置いていたのは衝撃でした。

親の言いなりのまま終わりたくない、スケートにも観光区長にも全力で挑みたい、その気持ちが全力で伝わってくる内容は若干スカッとジャパンみがあったものの、雪風なりの本気が見れて個人的にはすごくよかったですね。スケート場で焼売を配るという謎行為もそのちょっと不器用な本気具合が見れて好き~。

 

IMG_0733.png

ちなみに焼売の名前は超最高オモロギャグ川柳にしておきました。売れるといいね!

 

叢雲添

そんでもって添ちゃん。本当によくわからない人1号!雪風ですら感想書くの難しいのにあなたに関してはマッッッジで何もわからん。器用に立ち回りつつ、レンガのちょろさにつけこんで手のひらの上で踊らせている。礼光さんと一緒に闇の世界をうろつきながら、何を考えているんでしょうかねぇ…。

そんな添ちゃんは犬でいうと…雑種?他の4人とはまた違った立ち位置で、難しよね。本当に添ちゃんに関しては微塵もわからないというか、もはやワンちゃんじゃなくて飼い主説もあります。幼稚園パロやったら保育士側になってそう。

添ちゃんに関してもお金第一というか仕事第一というか、家族の愛とはまたかけ離れたところを見せられていただけに、愛を知ったレンガと触れ合うことで何か変わるのかなぁ?と期待したり。今後どういう話がくるのかは想像がつくものの、本人は何も語らないから語り待ちになっています。

今一番欲しいもの、添ちゃんメインイベントかもしれない。マジで

 

鹿礼光

はい来ました礼光さん、本当によくわからないキャラ2号。礼光さんに関してはきちんと観光業に精を出しているものの、全然ゆうちゃん(主人公)と絡まないからなんか浮いてるんよね。全部1人で出来ちゃう強さがあるから。

本人の弱さが全く見えてこないだけにキャラのつかみどころがないけど、案外世話焼きというか言葉に出さないだけできちんと全体を見ている印象はあるかも。レンガがうじうじしてたときにキレながらも助けてくれたり、花文字のサービスもしてくれたり、実はまだ私が見えていないだけでぶっきらぼうな中にも礼光さんの魅力はいっぱいあるのかな?

そしてシナリオ的には練牙関係で今後色々あるんだろうなぁ~。今後の展開に期待!レンガが殻を破ったことが今後の物語のキーにもなってくるだろうし、朝班は本当にまだ始まったばかりって印象かも。2/5がマフィアのユニット、なんなん?まあ今後5/5服役中のユニットが控えてるわけですが…。

そんな礼光さんは犬ならシェパード。警察犬。マフィアなのにね。

 

大黒可不可

そして大本命の可不可。私はド乙女ゲーのキャラが大好きなので、可不可にめっちゃくちゃ刺されてます。子どもの頃は手を引く側だったのに今では手を引かれている。そんな可不可と主任の関係がだ~~~い好き!

というかこの2人の根本にあるのが子供の頃の思い出っていうのが強すぎるんですよ。ゆうちゃんにとっては思い出の1つでしかないのかもしれないけど、可不可にとっては『全て』だから。何もない病院、先の見えない未来、その中で唯一あった希望こそがゆうちゃんとのあの日の旅であり、ゆう自身だから…。「ぼくに全てをBETしてよ」といいつつ、可不可はもうずっとあの日からゆうちゃんにBETしてるから…。

これ18TRIPのいいところなんだけど、本当に主人公がどうして愛されているのかがしっかり説得力あるのが凄い好き!よく知らないのに謎にベクトル向けられるの私はちょっと苦手だったりするからこそ、だからこそこうやってしっかりと説明してくれると、私もあなたのことが好きになってしまうんや。

愛を知り、愛に応える。そんな可不可は賢いボーダーコリーって感じやね。

 

ゆうちゃんを引っ張るという強気な一面を見せつつも、雪風ナチュラルアタックにはすぐやきもちを焼いたり、昔の病気を言い訳にされるのが嫌だと言わんばかりに熱中し身体を壊しちゃったりと、時折見せる子供っぽさも持ち合わせていて。

朝班ってみんな「大人」にあたる人が多いけど、可不可って社長業として0区長として一番大人であると同時に、入院生活が続いたせいでまだまだできないこと知らないことも多い「子供」でもあるんだよね。その2つの姿が混ざり合うことでしか描けない未来だって必ずあるよ。手を取り、手を取られ、そうやって2人で進んでいくんだよ、可不可…。(主人公ちゃんが言う「可不可…」ってボイスがめっちゃ好き。愛を感じて。)

私信じてるから、可不可。あなたが

 

 

浜あすなろ高校体育祭イベのときに半袖短パンの運動服を着るSSRが来るのを。

 

 

これからにも期待!

ということでキャラ感想も書いて終わり。気づいたら6000字近く書いていたっぽいです。怖いね~

18TRIP、良くも悪くもソシャゲです。「ソシャゲとは思えないボリューム!」「本格アクション!」「優れたゲーム性」とかそういうのは無いし、「めちゃくちゃしんどい設定!」「鬱のハッピーセット」みたいなのも今のところは感じていません。そのような尖ったものを求めている場合には少し新鮮味にかけるかもしれません。

でもだからこそ落ち着くこの感じ、今までにない高級料理を食べたいのではなく街中華が落ち着くこともある。その街中華がめちゃくちゃクオリティが高くなって来たといった感覚です。オシャレなデザイン、オシャレな設定、可愛いキャラ、まさしく「こういうのでいいんだよ こういうので」ですね。

でも「こういうの」で終わらないのが18TRIP。私はそう信じています。私のまだ見ていないシナリオ、そしてこれから出されるであろうイベントなどで「こういうのでいい」が「こういうのがいい」になってくれることに期待してもいいんじゃないでしょうか!楽しみ~!

 

ちなみに現在は2章を読んでいます。待ち受けはこうなりました。

はい、私はド乙女ゲーのキャラが大好き………。助けて。昼班も読み終わったらまた斜木七基について書くと思うのでよろしくお願いします。

書きました↓