恋心ミルフィーユ

ツイッターじゃ吐ききれない妄言をまとめていくよ

マイノリティであるということ

ブログの毎日更新を始めて1ヶ月になりました!…というだけで特に何もないんだけど、ちゃんと続いててよかったね。

始めたときは特に何をするでもなくツイッターしなくなったからブログ書こうって感じだったけど、瑞希に触れてから一気に有り方が変わったなぁって。もう自分の中だけで収めるのが無理で、全部ブログで吐き出しちゃって。

ほんと最初はカミングアウトとかする気無かったもん。というか自分自身のことなのに未だに自分のことがわからないし。そんな私が瑞希のことを一方的に語って発信する価値あるのかなぁって、正直今でも言ってよかったのかはわからず苦悩の日々だよ。そしてカミングアウトも必要あったのかなぁって。自らの居場所を破壊するのがこんなにも怖いものだったんだと結構実感しました…。

でも後悔は無いかな。自己満足!

 

ということで、今日はお気持ち表明ブログです!

瑞希のことについて精一杯語ったつもりだけど、当たり前だけど世界は何も変わってなかったということを痛感することが最近多いんですよね…。結局瑞希に対してすごく………な言動も見えてしまって。

まあ別にバズったわけでもないし仕方ないんだけど、せめて観測範囲内ではそういうの起きないでほしいなぁ。という悲しみがすごくあるので、改めて思ったこと言いまくろうかなって思いました。つまり壁打ちです!そしてもっとトランスジェンダーについて知ってもらいたい!(瑞希ジェンダーについて公式から深く言及されてないため発言しにくいですが、女性として過ごしている以上私はトランスだと思っています。)

あと今日の記事は別に考察とかじゃないし自分の考えや意見を一方的に言いまくるだけなので、気をつけてね。

 

 

 女性のフリという言い方

どうしてこんなお気持ち書こうと思ったのかというと、某神絵師に届いたマシュマロが原因なんですよね…。

『歌詞の「男子」の部分を変えてヴィラン瑞希に歌ってほしい、君の前では女の子のフリをする…みたいなかんじで(要約)』

 

正直言ってめちゃくちゃ悲しかったです。あぁ…他の人には所詮瑞希「女の子のフリ」にしか見えなかったんだって。こういう風な決めつけは社会でもよく見かけるので今更なんですけど、瑞希があれだけユニストで語っても、何も伝わってなかったんだなぁって。改めて痛感して。

まず一言言わせてもらうと、「フリ」ではないです。瑞希はありのままの自分、自然体でいます。そしてそれを通すための努力をしています。それなのに「女の子のフリ」だなんて言葉を使うのは、ちょっと瑞希を否定してるのかなぁって。

 そして付け加えると、トランスジェンダーの人に「フリ」って使うのは、めちゃくちゃタブーです。自分が一番わかっているんですよ、心がどうであろうと結局は女性「未満」であることなんて。

心の性別がどうであろうと肉体の性別は変わらないし、たとえ性転換をしたとしても「元男性」というレッテルは一生付いてくる。どれだけ着飾っても、どれだけ頑張っても、どれだけ金をかけても「養殖」であり、一生「天然」には勝てないって。

実際、性転換した人の自殺率は高いんですよね…。結局は何も変わらない、男性になっても女性になっても、世界は、目線は、そのまんま。切り落とせば、生やせばそれで解決!なんて生ぬるい問題では無いんです。それくらいセンシティブな話題なんですよ。なので安易に否定してほしくないなぁって。その言葉で死ぬほど傷つく人もいるので。

 

 まあ言いたいことはわかるんだけどね、ヴィランを使いたいって気持ちは。性について切り込んだ歌だし。でもそもそもヴィランは同性愛がテーマだからなぁ。それを公式がやるのかって言ったらちょっと…。とりあえず今はまだ着地点が明らかになってないし瑞希がどういう風に進んでいくかはわからないけど、ヴィランを歌うような展開にはなってほしくないかな?そもそもが違うし。

あ、同性愛についても語る?語ろうか?私自身バイというかパンセクだと思ってるので色々あるよ言いたいこと!さすがに内容が右往左往しそうだから今はやめておくけど…。

ちなみにで付け加えると某神絵師さんがこのことについてはきちんと答えてくれたのでそこで解決、なので私の書いてる文はもしかしたらオーバーキルかもしれません!でも私自身昨日からずっともやもやしてるので言いたくなった話題でした。

 

 

マイノリティーについて

f:id:matoiridrops:20201028180220j:plain
あとツイッターで見かけて悲しかったのは、瑞希の服装に対して瑞希っていつから今のような恰好をしてるんだろう」「きっと少年時代は美少年」みたいなことを言ってる人がいたのがなぁ。瑞希が好きなのはわかるけど、さすがにちょっと…。

これをダメダメ言いすぎるとただの言論弾圧みたいになりそうなんだけど、なんか結局は瑞希「異常者」のように見てるのが伝わってきてちょっと辛かったです…。みんな瑞希に対して色々言うモブに対して厳しいのに、結局はモブとやってることが同じで。どうしてそうやって無意識に軽々しく否定するんだろう…って気持ちになっちゃう。

 

実際問題、今回がセクシャルマイノリティーな話題だから考えにくいのかもしれないけど、マイノリティーに対する問題はどこにでも存在するからね。

馴染み深い問題でいうと「オタク」問題。今はもう子供でも深夜アニメやラノベを当たり前に楽しむ時代だからそいう偏見は薄まってきてるけど、一昔前はあったよね。「アニメ大好き」って言えない時代が。20代~の人だととくに肌で感じてると思います。

そしてそのオタク趣味を否定する人のこと、どう思いました?「そんなん見てるからダメなんだよ」みたいに言う人、思う人を。自分に関係ないのに他人の趣味を蔑む人のことを。

オタクもセクシャルマイノリティも、「マイノリティー」という面では根本は同じです。マジョリティーに殺されるっていうのがどれだけ怖いのかは、マイノリティー側にいる人しかわかりません。自分の大好きなもの、自分を構成するものを軽々しく否定されることはとてつもない苦痛だよ。

 

だから、「言うな」とまでは言わないけど、せめて配慮はしてほしいな。「少年時代」を求めるのは勝手だけど、それに対して瑞希はどういう顔をするのかなってことを考えてほしいです。

多分、愛想笑いです。何を言っても通用しない、何を伝えても結局はそういう話題にもってかれる。そういうマジョリティー故の「正義」がまかり通ってしまうから、場を濁すために笑うことしかできない。怖いね。怖いよ…。

 

 

瑞希瑞希だから

f:id:matoiridrops:20201028182541j:plain

そしてこれに関してはすごく蛇足かもしれない話題だけど、やっぱり瑞希瑞希だから」で終わらせてほしくはないです。

もちろんその考え方は大事です!正しいと思います。私としてもそういう考え方を持ってくれると嬉しいし、救われます。でも見ていると、この言葉で自己完結して終わってる人が多く感じてしまって。

プロセカって個人の問題もだけど、周囲の問題ってのもすごくテーマとして大きいと思うんですよね。瑞希で言うと理解してくれないクラスメイト、他にも八方美人を否定する穂波の友人や、偏見で決めつける志歩の同級生など、そして最たる例は価値観を押し付けるまふゆの親。

プロセカ特有のクソモブみたいな言われ方をしてるけど、現実に目を向ければこういう人は当たり前にいるわけで。だから個人の問題だけで終わるのでなくそういうところまで取り上げてくる以上、プロセカはそこまで触れて考えてこそのコンテンツなのかなって。

 

なので、瑞希瑞希だから」で自己完結するのは、周囲の問題を触れるって点ではまだちょっと足りないというか、もう一歩踏み込む必要があるのかなって思います。じゃあどうすればクラスメイトは納得してくれるんだろう、どういう結論になれば瑞希は息がしやすくなるんだろう、笑顔が増えるんだろう。そういうことを考えていうことが瑞希だけでなく現実社会に対しても重要なのかなぁ?って。

そして、瑞希は特別ではありません。このように悩んでる人はたくさんいます。なので瑞希瑞希だからで終わるのも正しいけど、じゃあ他の人は?みたいに考えをそこから発展させてほしいです。

前回の記事でトランスジェンダーについてたくさん語ったのも、そういう特別を無くしたかったからなんですよね。なにより瑞希は可愛いから良し」みたいな結論に持ってかれると、当事者にとって一番最悪なことなので…。

それこそが本当の瑞希と向き合う」につながるのではないかなぁと思います。少なくとも私はそういう気持ちで今までの記事を書いています。こればかりは持論なのでなんとも押し付けるのは厳しいですけど…。不快に思ったらごめんなさい。

 

 

さいごに

ということで完全に言いたいことを言っただけのお気持ち表明文でした。瑞希トランスジェンダーとして扱うこと自体に違和感を感じる人も多いみたいな感じするのであまり強くは言えないけど、瑞希がマイノリティ側であるという点は変わりません。そしてマイノリティ故の辛さがあることも。

だからこそ、難しいんですよね。どう扱うべきかっていうのは。私にも正解はわかりません。今回の文も勢いで書いているから明日にでも読み返して大幅な添削が入るかもしれません。

でも私にできることは、考えて、発信していくことだけだから。今後も言いたいこといいまくります。しんどいですけど、是非読んでほしいです!

 

…難しいね。うん。そういう誰にも正解がわからないことを考えるのがこの問題です。多分何を考えても自分は傷つくし、相手も傷つけてしまいます。

だからこそ、私含めみんなで向き合っていきたいです。そうしなければ何も進展しないから。多分また壁打ちすることはあると思いますが、お付き合いいただくと嬉しいです。よろしくお願いします。